[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は17日、モスクワでエキシビションがあり、閉幕した。

 男子総合4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が破れたジーンズ姿で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を決めて大歓声を浴びたほか、同8位の友野一希(同大)は得意の軽快なステップを踏んで、会場を沸かせた。

 黒のドレスで登場したのは、女子総合4位の宮原知子(関大)。ピアノ曲に乗せて、しっとりと舞った。GPシリーズ今季初参戦ながら、2連勝を飾ってファイナル進出を決めた15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は、衣装だけでなく髪まで白と黒のツートンカラーで登場した。

 この日一番の歓声を浴びたのは、平昌五輪銀メダルで今大会総合2位だった女子のエフゲニア・メドベージェワ(同)だった。真っ白な衣装をまとって、情感たっぷりの演技を披露した。

 GPシリーズ最終第6戦のNHK杯は22日、札幌市で開幕する。日本勢は男子の羽生結弦(ANA)、女子の紀平梨花(関大ク)らが出場予定。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)も出場する。