主義では語れないマルクスの魅力 全集刊行への情熱今も

有料会員記事

編集委員・大野博人
[PR]

日曜に想う

 つまり、マルクスはマルクス主義者ではなかったと?

 「その通りです。彼はマルクス主義政党が主張してきたような、どんな問題にも解答をもたらした思想家ではなかった。資本論もすべての経済問題を解決する書物ではありません」

 ゲラルト・フーブマン博士はそう強調した。世界でもっとも権威があるマルクス・エンゲルス全集(MEGA)を刊行する財団の事務局長である。所属するベルリン・ブランデンブルク科学アカデミーの研究室には大きなマルクスの頭像。

 そこに答えがあるわけではなくてもマルクスを学ぶ意味はあると博士は言う。

 「彼が立てた問いが、私たち…

この記事は有料会員記事です。残り1369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら