[PR]

 俳優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区=が合成麻薬MDMAを所持していたとされる麻薬取締法違反事件で、MDMAが自宅のアクセサリーケースの中敷きの下に保管されていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は沢尻容疑者が発覚を免れようと隠していたとみている。

 同庁は16日朝、家宅捜索で沢尻容疑者の自室から粉末入りのカプセル2錠を発見した。捜査関係者によると、棚の上に置いてあったアクセサリーケースの中敷きの下の隙間に、チャック付きの透明な小袋に入れて保管されていたという。うち1錠の粉末が鑑定でMDMAと判明し、沢尻容疑者を緊急逮捕した。残る1錠についても成分の解析を進めている。

 調べに対し、沢尻容疑者は所持容疑を認めたうえで、「以前にも使用していた。ほかの薬物を使ったこともある」と供述しているという。