[PR]

 日本ハムの吉田輝星投手(18歳、金足農高)が18日、2軍施設がある千葉県鎌ケ谷市の球団事務所で初めての契約更改交渉に臨み、30万円アップの推定1030万円でサインした。1年目は、6月にプロ初登板初勝利を飾ったがその後は勝てず、通算1勝3敗だった。2年目に向けて、「下半身強化、変化球の底上げをして、開幕から1軍に定着してどれだけ勝てるかを目標にしたい」と語った。

 交渉時間は約20分だった。「緊張はしなかったが、汗が出た」と苦笑い。「とりあえず年俸が上がるうれしさを実感できたので、来年の原動力になる」と微増にも素直に喜んだ。

 1軍選手との食事などでプロ選手の金銭感覚を知った1年でもあったようだが、「最近はお金を使うものがないので、貯金がいいのかな。やっぱりたまっているとうれしいので」とにこり。さらに将来の目標年俸を聞かれると、「何億も稼ぐプレーヤーになりたい」とハングリーさを見せた。