[PR]

 経営統合で基本合意したポータルサイト「ヤフー」を展開するZ(ゼット)ホールディングス(HD)の川辺健太郎社長と、メッセージアプリLINE(ライン)の出沢剛社長が18日に都内で記者会見し、統合の狙いなどを語った。冒頭のプレゼンテーションと、その後の質疑応答での2人の主な発言は以下の通り。

【冒頭発言】

 川辺氏「経営統合を行い、その下でヤフーとラインが兄弟会社になる。考え方は、対等の経営統合だ。対等の精神で両社で相談してすすめる。統合を果たしたあかつきには、AIテックカンパニーを目指していきたい」

 出沢氏「なぜこの提携に至ったのか。そこには二つの強い危機感と、成し遂げたい共通の大きな志がある。まず、(アップルやグーグルなどの)グローバルテックジャイアントの存在。勝者総取りのビジネス構造で強いところはもっと強くなり、それ以外とどんどん差が開いてしまう。現状では2社が一緒になっても、(米中の大手とは)全てにおいて桁違いの差がついている。差が広がると個社の話でなく、あらゆる産業でデジタル化が進み、国力、文化の多様性にも影響を及ぼす」

 川辺氏「二つ目が課題先進国と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら