[PR]

 全日空子会社のエアージャパンが運航する成田発中国・成都行きの全日空947便(ボーイング767―300型、乗客乗員149人)が13日夜、成都の東約160キロの上空で大きく揺れ、乗客1人が左足の甲を骨折した。国土交通省が18日に発表した。

 全日空によると、けがをしたのは20代の中国籍の男性。当時、シートベルト着用サインはついていなかったが、気流の乱れで機体が揺れ、トイレ近くで足をひねったという。