[PR]

 日本ラグビー協会は18日、日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)との契約を2023年12月31日まで更新すると発表した。ワールドカップ(W杯)日本大会でチームを初のベスト8に導いたジョセフHCの下、日本代表は次回23年W杯フランス大会に挑むことになった。

 ジョセフHCは日本協会を通じ、「(W杯日本大会で)私たちは目標としていたベスト8を達成しましたが、その先を見据えると、まだまだやらなければならない課題があります。そのためにも、私はもう一度日本代表と一緒にチャレンジする道を選びました。今まで以上にチームを強化していきたいと思います」「次のW杯に向けた準備は今日から始まっています。23年の『ワンチーム』の一員になりたいと思っている若い選手も、今から挑戦を始めることが大切です」とのコメントを発表した。