[PR]

 冬を彩るシクラメンが出荷のシーズンを迎えた。岐阜県大垣市浅中1丁目の「吉田園芸」では赤や白などの鉢植えが並び、出荷への準備が進んでいる。

 「全国的な傾向のようだが、病気にかかった花もあり、出荷は昨年の半分程度になりそう」と吉田博佳守(ひろかず)さん(34)。毎年のように天候が大きく変わり、出荷までの手入れは試行錯誤の繰り返しという。

 作業は年末まで続き、関西や九州地方を中心に4千~5千鉢を出荷するという。(古沢孝樹)