[PR]

 香港政府に抗議する学生デモ隊が拠点とする香港理工大学で18日、デモ隊の徹底排除に乗り出した警察隊との激しい衝突が続いた。警察は実弾使用の可能性も言明して学生らに投降を促し、キャンパスから出てくる学生らを拘束している。しかし、500人を超える学生らが頑強に抵抗を続けており、緊迫した状況が続いている。一方、香港の裁判所は同日、政府がデモを抑え込むために施行した「覆面禁止法」について、香港基本法に違反しているとの判断を示した。

 大学に立てこもる学生に対し、警察は放水や催涙弾で排除を試みている。17日夜には装甲車で構内への突入を図ったが、学生が投げつけた大量の火炎瓶で炎に包まれ、撤退した。

 キャンパスの出入り口をふさい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら