[PR]

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された俳優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区=が、警視庁の調べに対し、MDMAのほか合成麻薬LSDと麻薬のコカイン、大麻の使用も認め、「10年以上前に始めた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は沢尻容疑者が常習的に違法薬物を使っていたとみて、入手経路や使用実態を調べている。

 沢尻容疑者は16日午前8時45分ごろ、自宅でMDMAの粉末0・09グラム入りのカプセル1錠を所持したとして、麻薬取締法違反容疑で緊急逮捕された。捜査関係者によると、「数週間前にイベント会場でもらった」と説明。「家族と仕事の関係者に迷惑をかけた。大変申し訳なく思っています」と話しているという。

 MDMAは同様の粉末入りのカプセル1錠とともにチャック付きの透明な小袋に入った状態で、アクセサリーケースの中敷きの下に入れられ、沢尻容疑者の自室の棚で保管されていた。残る1錠の粉末についても鑑定が進められている。

 警視庁は16日朝、東京・渋谷…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら