[PR]

 資料館にあった旧日本軍の展示品を盗んだとして、三重県警は17日、同県四日市市曙2丁目、工員高倉清彦容疑者(48)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。高倉容疑者は軍装備品のコレクターを自称しており、「軍装備品に興味があった」と容疑を認めているという。

 四日市南署によると、高倉容疑者は10月31日~11月15日、津市香良洲(からす)町の市香良洲歴史資料館で、展示されていた旧日本軍のゴーグルと飛行手袋(計4万円相当)を盗んだ疑いがある。津市が16日、盗難の可能性が高いとして警察に被害届を提出。それを報道で知った高倉容疑者が17日、署に自首してきたという。

 県警は18日、高倉容疑者の自宅からゴーグルなど計62点を押収。いずれも同資料館の所蔵品とみられる。自宅からは他に軍服なども見つかったという。

 高倉容疑者は三重、愛知、岐阜3県にある他の博物館などでの窃盗もほのめかしており、「一部をリサイクルショップで売った」と供述しているという。

 津市香良洲歴史資料館は三重海軍航空隊(予科練)の跡地にある。同航空隊員の服や靴といった装備品などを展示している。