[PR]

 スーパーコンピューターの省エネ性能を競う世界ランキング「グリーン500」が18日発表され、理化学研究所と富士通が共同で開発を進める「富岳(ふがく)」の試作機が1位になった。富岳は今夏運用を終えた「京(けい)」の後継機で、2021年ごろの本格稼働を目指す。

 試作機は、富士通が基本的な性能を確認するため、沼津工場(静岡県沼津市)に設置。心臓部となるCPU(中央演算処理装置)は、富岳のために新たに開発した「A64FX」を使った。

 スパコンの消費電力は膨大で、省エネ性能が重要になっている。試作機はグリーン500で競われる消費電力1ワットあたりの計算速度が、毎秒168億7600万回を記録したという。

 富岳は理研計算科学研究センター(神戸市)に設置される予定。松岡聡センター長は「目標を大幅に超える世界最高の電力性能を誇るCPUの開発に成功した。AI(人工知能)やビッグデータなどの新しい技術への適用が見込まれる」とコメントした。(鈴木智之)