[PR]

 東北大や北海道大、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが、隕石(いんせき)から生命の材料に必要な糖を見つけた。米科学誌に19日発表されたこの発見は、原始の生命が、リボ核酸(RNA)を主役に生命活動を維持していたのではないかという仮説を支持するデータだ。

 地球上で現在いるほとんどの生き物は、DNAの情報をコピーしたRNAをもとにたんぱく質をつくっている。一方、太古の生き物はこのような複雑なシステムを持っておらず、DNAとたんぱく質の両方の役割をRNAが担っていた、というのが「RNAワールド仮説」だ。単純だった原始の生命が少しずつ進化を重ね、複雑になっていったという考え方で、多くの研究者が支持している。

 研究チームの古川善博・東北大…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら