[PR]

 群馬県高崎市が発注した劇場の照明備品の入札価格を業者らに漏らしたとして、群馬県警は18日、高崎市職員の佐藤育男容疑者(50)=高崎市大八木町=ら3人を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは公益財団法人高崎財団副理事長の菅田明則容疑者(66)=同県安中市安中2丁目=と電気工事会社「阿久沢電機」社長の阿久沢茂容疑者(68)=高崎市江木町=。

 捜査2課によると、劇場建設を所管する市都市集客施設整備室長だった佐藤容疑者が今年1月ごろ、劇場で使用する照明の指名競争入札で、菅田容疑者を通じて阿久沢容疑者に税抜きで5800万円の予定価格を伝え、予定価格に近い5680万円で落札させ、公正な入札を妨害した疑いがある。

 劇場は今年9月にオープンした。高崎財団は劇場の管理運営を行っており、佐藤容疑者は4月、市から財団に派遣されている。3人は同じ高校の卒業生だったとみられる。