[PR]

 サッカー日本代表は19日(午後7時25分開始)、大阪・パナソニックスタジアム吹田であるキリンチャレンジカップで、ベネズエラ代表と戦う。海外組の主力の一部が選ばれなかった親善試合で、復活を示す格好の舞台だと意気込む2人がいる。

 2017年8月31日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会最終予選の豪州戦だった。会場は埼玉スタジアム。勝てばW杯出場が決まる大一番の終盤、豪快なミドルシュートを決めて勝利を引き寄せたのがMF井手口陽介(ガ大阪)だった。

 井手口の状況は、ロシアW杯最終予選後に暗転した。2018年1月に海外移籍したスペイン2部のクラブで出番を得られず、代表にも選ばれなかった。さらに当時のハリルホジッチ監督がW杯直前に解任された。井手口はハリルホジッチ監督に重用されていた。それもあって、本大会のメンバーには入れなかった。

 その後ドイツに移籍したが、右ひざ靱帯(じんたい)を断裂する大けがをした。今年8月に古巣のガ大阪に復帰して継続して試合に出られるようになり、ようやく鋭い出足や球際の強さが戻ってきた。森保監督に「本来のパフォーマンスに近づいている」と評価され、W杯ロシア大会後では初めてとなる代表に選出された。

 「前のことは関係ない。ゼロか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら