[PR]

 2020年東京五輪のマラソン・競歩の開催地が札幌に移ったことについて、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は18日、「アスリートたちの意見として一つや二つは(反対)意見が出ているが、それは、ほかの選手よりも暑さ対策ができ、恩恵を受けようとした選手たちだ」と述べ、批判を一蹴した。ロンドンでのイベント出席後、AP通信に語った。

 東京の猛暑を懸念したIOCは「アスリートファースト」(選手最優先)の観点から札幌開催を決定。ただ、戸惑う選手も相次いでいる。特に今秋、カタール・ドーハであった陸上の世界選手権50キロ競歩男子で、猛暑のなか銅メダルを獲得したエバン・ダンフィー(カナダ)は激怒。自身のツイッターで「IOCは自分のブランドを守りたいだけ。ステークホルダー(選手、国際陸上競技連盟、東京、札幌)への相談もなかった。IOCの偽善的な行為」などと非難した。日本陸連もIOCの決定を批判している。

 これに対し、バッハ会長は「全てのアスリートの健康を守る責任がIOCにはある」と説明。「色々なうわさは流れているが、事前の相談はなされていた。今回の決定は1年ほど前に設置した(暑さ対策の)専門家たちによる助言を受けたもの」と反論した。変更に大変納得しているとも説明し、「アスリートたちのためで、最終的には東京五輪のためでもある」とも述べた。

 だが、10月上旬まではバッハ会長も東京開催について文句一つ言っていなかった。理事会後にも、東京五輪の準備について「勤勉で絶対に満足することなく、とてもよく準備は進んでいる」などと絶賛していた。ところが、9月末から10月上旬まであった陸上の世界選手権後になって心変わり。女子マラソンや男子競歩で約4割の出場者が暑さの影響で棄権したのが大きかった。

 同様の事態を避けるべく動きは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら