[PR]

 将棋の藤井聡太七段(17)の史上最年少でのタイトル挑戦がかかる対局が19日、東京都渋谷区で始まった。相手はトップ棋士の広瀬章人竜王(32)。勝者が、渡辺明王将(35)への挑戦権を獲得する。

 第69期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦の最終戦。先手番の藤井七段は得意とする角換わりではなく、公式戦では経験が少ない矢倉を採用した。持ち時間は各4時間で、夜までに決着する見込み。

 王将戦のリーグ戦は予選を勝ち抜いた3人とシードの4人の計7人による総当たりで行われる。藤井七段は豊島将之名人(29)に敗れたものの、羽生善治九段(49)らに勝ち、広瀬竜王と共にトップの4勝1敗でこの日を迎えた。勝った方がリーグ優勝となる。藤井七段は公式戦7連勝中だ。

 タイトル戦挑戦の最年少記録は、屋敷伸之九段(47)が1989年に作った17歳10カ月。王将戦七番勝負は来年1月に始まるため、藤井が挑戦者になれば17歳5カ月の新記録を樹立する。来春までに始まる他のタイトル戦では既に挑戦権争いから脱落しており、今回が記録更新のラストチャンスとなる見込み。(村瀬信也