【動画】真央ちゃんも愛した老舗の五平餅店が復活=小山裕一撮影
[PR]

 あのフィギュアスケーターも愛した愛知県豊田市の五平餅店が、場所を移して2年ぶりに復活した。店の名は「上坂(こうさか)商店」。店主だった上坂敏明さん(78)は、老舗の味を次世代につなげようと調理場で奮闘している。

 名鉄豊田市駅から東に約2キロ、周囲に住宅や飲食店が立ち並ぶJAあいち豊田の高橋支店(豊田市高橋町2丁目)。学校の教室ほどの広さのガラス張りの店で、上坂さんが赤く燃えた炭火の上に五角形の五平餅を次々と並べる。「全体に焦げ目がつくぐらい素焼きをして、しょうゆ味のたれをつけてもう一度、たれが乾くまで焼く」のが長年続けてきた焼き方だ。価格は1本200円(税込み)。

 五平餅はうるち米を潰して串などに付け、みそやしょうゆ味などで焼く。愛知県奥三河や岐阜県東濃、長野県南部などで食べられている郷土食だ。岐阜県が舞台になった昨年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でも登場した。

 11月11日、「JAテラス上…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら