[PR]

 来年1月11日の台湾総統選に、再選をめざす与党民進党の蔡英文(ツァイインウェン)総統(63)ら3人が立候補を届け出た。審査手続きを経て来月13日に告示されるのを前に、実質的な選挙戦が始まった。米国と中国の対立や、香港で激しさを増している抗議デモが、有権者の投票に影響しそうだ。

 届け出たのは、蔡氏のほか、2大政党の一翼を担う野党国民党の韓国瑜(ハンクオユイ)・高雄市長(62)と、小政党・親民党の宋楚瑜(ソンチューユイ)主席(77)。立候補受け付けは22日までだが、事実上、蔡氏と韓氏の一騎打ちの構図で選挙戦が進む見通しだ。

 最大の争点は、「一つの中国」原則を掲げて台湾に統一を迫る、中国との距離感だ。中国の習近平(シーチンピン)政権は1月、台湾に「一国二制度」の受け入れを呼びかけ、台湾の外交関係を次々と断交に追い込むなど圧力を強めている。

 蔡氏は、中国と距離を置き、台…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら