[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は19日の役員連絡会で、政府が検討している今年度補正予算編成について「10兆円を下らない程度のものを必要とする」との認識を示した。同会後の記者会見で明らかにした。今秋に相次いだ台風被害からの復旧復興や国土強靱(きょうじん)化、消費増税を踏まえた経済対策の必要性を念頭に、二階氏は「大型の補正予算でなければ国民の不安をぬぐえない」と強調した。

 二階氏の発言に対し、麻生太郎財務相は19日の閣議後会見で「その10兆円はどこから持ってくるんだね。今の段階でなんとも言えない」と述べた。