[PR]

 高齢の犬の介護を手伝ったり、介護予防の方法を飼い主に指導したりする民間資格「老犬介護スペシャリスト」の有資格者、東京都多摩市の平端弘美さん(58)が今月、多摩地域で初めて同資格の上位資格にあたる「ペットケアマネージャー」に認定された。人間と同様に高齢化するペット。介護予防の啓発などに取り組む役割を担う。

 老犬のリハビリや預かり事業などを営む「ペットケアサービス レッツ」(江戸川区)で今月13日、平端さんは老犬介護研修を受け、動き回る大型犬の扱いを学んだ。最初はリードを引っ張られたが、徐々に落ち着かせていく。「犬の目線になるために日々勉強です」。老犬介護スペシャリスト認定後も定期的に研修を受ける。

 レッツは民間資格を認定する「JAPANペットケアマネージャー協会」の事務局。この日、協会の三浦裕子代表(56)と伊藤みのり理事長(46)から平端さんに、同日付で「ペットケアマネージャー」に認定、という発表があった。

 この資格は全国に約200人い…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら