[PR]

 小野不由美さんのファンタジー小説「十二国記」が、異例の売れ行きだ。18年ぶりとなるシリーズの新作長編「白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)」(新潮文庫)は、全4巻で計250万部を超えた。発売日には書店に行列ができ、社会現象ともいえるフィーバーぶり。大ヒットのわけを探った。

親子でファン「世代関係ない」

 11月9日午前8時前、東京・有楽町の三省堂書店有楽町店の前には、幾重にも折り返した行列ができていた。「白銀の墟 玄の月」の3、4巻の発売日のため、通常の開店時間を2時間早めていた。

 開店と同時に、列は店内に移動。書棚の間をぐるぐると取り巻いた。約1時間のうちに150冊超が売れ、混み合うレジでは「生きている間に続きが読めるとは思わなかった」「仕事の休憩時間に読みます」といった声が聞かれた。購入していく層は多くが20~30代の女性だったが、年配の女性や男性の姿もみられた。

 千葉県市原市から母娘で訪れた…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら