[PR]

 台風19号の影響で、一時4千世帯が断水した那須烏山市。1週間後に全面復旧したが課題が残った。冠水した浄水場では新たに防水壁を作る計画だが、国が浸水想定として示す「5~10メートル」に見合う壁は造れないという。

 那珂川から約100メートルにある城東浄水場。10月12日から13日にかけての大雨で那珂川が増水した。川は氾濫(はんらん)しなかったが、周辺では雨水を那珂川に排水することができない「内水氾濫」が各所で起きた。

 市内では内水氾濫で4カ所の浄水場や取水場が冠水し、全世帯の4割にあたる約4千世帯で断水が発生した。県内で最も被害世帯が多かった。市中心部の約2900世帯に送水する城東浄水場の故障が被害を大きくした。

 城東浄水場の冠水は高さ約1メ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら