[PR]

 来年夏の五輪期間中、首都圏では宿泊需要の急増とホテル不足が見込まれる。

 中央大学の鳥海重喜准教授(社会システム工学)の2015年の推計では、1都3県の宿泊施設の収容人数は1日約38万人。これに対し、外国人の五輪観戦客が3連泊した場合、ピーク時に1日約35万人が宿泊することになる。

 ほかに日本人客や大会関係者の宿泊者も多く、既存施設ではまかないきれないおそれがあるという。足元ではホテルの開業ラッシュが続くが、外国人客も急増しており、鳥海さんは「見通しは変わらないだろう」と指摘する。

 来年8月に都内で最大1万37…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら