あずきバーの井村屋、次は酒 2年前に聞いた母子の悩み

有料会員記事

小林裕子
[PR]

 市場が小さくなるなか、新しい付加価値を生み出さなければ成長はない――。「あずきバー」で知られる井村屋グループ(津市)は、そんな考えから、米国の会社と組んで外食産業に進出するなど、未知の領域にも踏みこんできた。次に乗り出すのは日本酒の製造・販売だ。

 話は2年前にさかのぼる。

 三重県多気町で来年秋に開業…

この記事は有料会員記事です。残り1150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。