[PR]

 厚生労働省は、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険料の上限を、今の年62万円から年64万円に来年度から引き上げる案をまとめた。年金収入が年910万円以上の人が対象で、加入者全体の1・29%にあたる。21日の社会保障審議会の部会で示す。

 保険料の上限は2年に1度改定している。今は、年金収入が年886万円以上の人が、保険料上限の62万円を払っている。高所得層の保険料を引き上げることで、中間所得層の保険料の伸びを抑える。

 見直し案によると、平均的な年金収入(年341万円)の場合、今の保険料は年20万9千円。保険料上限を見直さない場合、来年度から21万5千円になるが、見直せば21万4千円に抑えられるという。