[PR]

きょうも傍聴席にいます。

 ある男性が2018年6月、福岡市で初対面の男に刺し殺された。男は男性に対し、インターネット上で一方的に恨みを募らせていた。バーチャルの世界でしか接点のなかった2人。なぜ、リアルの世界で殺人事件の加害者と被害者になってしまったのか。

 11月11日、福岡地裁の法廷に、男は現れた。青いネクタイを締め、濃い紺色のスーツ姿。起訴状の朗読が終わると、男は淡々とした口調で話した。「間違いありません」

 殺人と銃刀法違反、建造物侵入の罪で起訴された松本英光被告(43)。起訴状によると、18年6月24日、福岡市中央区の起業家支援施設で、会社員岡本顕一郎さん(当時41)をナイフで刺殺したとされる。岡本さんは「Hagex」のハンドルネームで活動する有名ブロガーだった。

 事件はどのようにして起こったのか。公判などから経緯をたどる。

 被告は3人きょうだいの長男で、熊本県で育った。親からは「手のかからない素直な子」、周りからは「ひょうひょうとした孤高の秀才」と見られていた。同県天草市の高校を卒業後、九州大文学部に進学。順調な人生と思われた。

 だが、歯車が狂い出す。きっか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら