[PR]

福山哲郎・立憲民主党幹事長(発言録)

 (安倍政権は)レガシーも成果もない長期政権と言わざるを得ない。最大の問題は、国会の行政監視機能を壊したこと。外交も何ら成果も上がっておらず、国民生活は豊かにならず分断が広がっている。

 長期にさせてしまった野党の一員として、力不足を悔しく思うし、早く政権を倒していきたい。桜を見る会の問題を含め、国民にこの全貌(ぜんぼう)を明らかにし、政権を担わしていただくだけの信頼を得られるようにと考えている。

 (桜を見る会の疑惑が噴出しているということは、安倍政権は)そろそろ散り頃だろうということでしょう。(国会内で記者団に)