[PR]

ファミリーマート 沢田貴司社長に聞く

 転機を迎えているコンビニエンスストア業界。ビジネスモデルの象徴だった24時間営業を続けるかどうかについて、ファミリーマートは、フランチャイズ(FC)加盟店が選べるようにする方針を11月に打ち出した。営業時間を短縮する場合も、本部の承諾を得る必要はないという。その意図を沢田貴司社長に聞いた。

 いちいち「(本部と)合意した上で」というより、分かりやすいじゃないですか。加盟店に寄り添っていくという気持ちも込めました。

 加盟店と本部は共存共栄しなければいけない。(24時間営業を)強制はできない。だから踏み込みました。ただ、加盟店さんとはちゃんと議論できると思っています。議論を尽くせば、同じ方向を向ける。

 (これまでの)上意下達による店づくりでは、金太郎あめですよ。金太郎あめでやってできるような甘い世の中じゃない。

 これからの店づくりは、「地域ど密着」です。地域にとってなくてはならない存在になれば、いろんなニーズをとれる。すごい勢いで(他社との競争を)まくれると思っています。その体制をつくることが、ぼくの役割です。

 加盟店としっかり信頼関係を結…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら