[PR]

 狩猟で捕獲したイノシシの大きさを競い合う「イノシシ狩猟コンテスト」を茨城県が今年度、初めて企画した。県内で捕獲したイノシシを自身の姿とともに写真に収めて応募する。来年2月15日まで申請を受け付ける。

 県内ではイノシシなど野生鳥獣による農業被害が深刻化しているが、狩猟の担い手が高齢化。20年ほど前まで8千~1万人いた狩猟者登録数が、約4千人にまで減っており、その数を増やすのが狙い。

 コンテストは、県内で捕獲された体長1メートル以上の個体が対象。捕獲方法は、わな猟でも銃猟でもよい。

 参加者は、油性スプレーで捕獲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く