[PR]

 新潟市で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)を殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元会社員、小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判が19日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。女児の母親が被害者参加人として意見陳述し、「娘は車ではねられ、首を絞められ、列車にひかれ、何度も殺された」などと無念さを語った。裁判員らを前に「前例にとらわれずに判断してほしい」と死刑を求めた。

 母親は被告や傍聴席とついたてで隔てた席で話した。事件前日、女児が好物のアイスクリームを食べ、残した分を「明日に取っておく」と冷凍庫に置いたエピソードを明かした。今も冷やしており、「娘が二度と食べないと思うたびに悲しくなる」と話した。

 生前には、家族で「次の元号は何になるんだろう」と楽しく話したこともあった。「娘は平成しか生きられなかった。娘だけ取り残されるようで、かわいそうでなりません」と声を震わせ、「被告にふさわしいのは死刑しかない」と述べた。傍聴席ではすすり泣く音が聞こえ、涙をぬぐう検察官もいた。

 小林被告はついたてで見えない…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら