[PR]

 昨年6月に前橋市朝倉町の新病院へ移転した前橋赤十字病院(前橋日赤)の跡地の活用策として、市は医療、介護、住居などの施設を集め、首都圏からの移住を促すCCRCを整備する。近く事業の優先交渉権者と正式に契約し、2022年度中のオープンを目指す。

 跡地は朝日町3丁目の約3・8ヘクタール。活用策について市が11月、基本計画を公表した。賃貸・分譲住宅計48戸▽介護付き有料老人ホーム▽認定こども園(定員120人)▽スーパー▽薬局▽フィットネスクラブ▽公園▽交流スペース――などを整備。日赤跡地近くの市夜間急病診療所(朝日町4丁目)も移転させるほか、市の福祉作業所や心身障害者デイサービスセンター(元総社町2丁目)も移転、集約する方針だ。

 市街地整備課によると、優先交渉権者は代表の大和ハウス工業群馬支社(群馬県高崎市)、ケアサプライシステムズ(同)、社会福祉法人「あおい会」(前橋市)の3者で、基本計画は大和ハウスが提案した。

 CCRC事業について、市は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら