[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日夜、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)の失効が23日午前0時に迫っていることに関し、「最後の瞬間まで、終了という事態を避けるための努力を日本とする」と述べた。GSOMIA破棄の回避には、日本側が対韓輸出規制を見直すことが不可欠との認識も改めて示した。

 19日、韓国MBCテレビが生放送した「国民との対話」に出演し、視聴者の質問に答えた。

 文氏は「GSOMIAの終了(の決定)は日本側が原因をつくった」と強調。「日本は韓国を防波堤にして自らの安全を維持してきたのに、韓国を安保上信頼できないと言って輸出規制をした」と不満を語った。

 一方で「韓国の安全保障にとって、韓米日の協力は非常に重要だ」とも強調。「GSOMIAが終了しても日本との安保上の協力はしていく」とも語った。(ソウル=武田肇)