[PR]

 アフガニスタンの反政府勢力タリバーンに3年余り拘束されてきた米国人と豪州人の大学教授の男性2人が19日、解放された。大学が同日、発表した。解放を弾みに停戦に向けた協議が前進するか注目される。

 解放されたのは、米国人のケビン・キングさん(63)と豪州人のティモシー・ウィークスさん(50)。タリバーンは2016年8月、首都カブールの大学の教授2人を誘拐し、人質として拘束。アフガン政府やそれを支援する米国を揺さぶる材料に使ってきたが、アフガン政府が19日にタリバーンの大物幹部3人を釈放したため、交換条件で解放が決まった。

 地元テレビによると、教授2人は同日、アフガン南部でタリバーン側からアフガン政府側に引き渡された。

 解放は米国がタリバーンとアフガン政府の双方を説得して実現した。米国は両者の停戦協議をお膳立てし、治安を安定させることで、費用がかさむ駐留米軍を撤退させる狙いがあるとみられる。(バンコク=乗京真知)