[PR]

 アンドレス・イニエスタ(35)。昨夏にサッカーJリーグ1部のヴィッセル神戸に加入した。ゲームを作り、ゴールを演出するだけではなく、時には自らゴールを狙う。華麗なプレーでファンを魅了する。だが、日本での存在感は今や、ピッチ上にとどまらない。

 2002年から、神戸に移籍する直前までの16シーズン、スペインの強豪バルセロナでプレーした。その間、世界最高峰の欧州チャンピオンズリーグを4度制した。10年にワールドカップでスペイン代表を初優勝に導いた。

 11月11日、そんな世界的なスーパースターの姿が、神戸市中央区の繁華街の一角にあった。スニーカーショップの開店祝賀セレモニーだ。イニエスタや妻アンナさんのほか、神戸の選手や関係者らが姿を見せ、店の前には人があふれた。

 イニエスタの友人らが立ち上げたスニーカーブランド「ミカクス」の専門店だ。これまでは主にインターネットでのみ販売してきたが、世界で初の旗艦店が神戸市の繁華街、三宮にできた。

 スニーカーは1990年代をモチーフにしており、イニエスタはデザインの考案に携わった。「本人ととことん議論し、ピッチの上で素晴らしいクオリティーを生み出す彼のプレースタイルを表現した」と、イニエスタの友人で最高経営責任者のアレックス・デ・ギリオール氏は説明する。

■ホームゲームで「イニエスタバ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら