[PR]

 福井県敦賀市の民家で17日、70代の会社役員男性と90代の両親の遺体が見つかった。男性の殺人容疑で逮捕されたのは、妻の岸本政子容疑者(71)。「村一番の嫁」と家族が自慢し、面倒見がいいと地元で評判だったが、近しい人には「介護がしんどい」と打ち明けていた。事件の背景に「老老介護」「多重介護」の問題が浮かび上がる。

 JR敦賀駅から南に約2キロの道口(みちのくち)地区。田園地帯の集落に立つ一軒家で、事件は起きた。17日朝、政子容疑者から「(家族を)手にかけた」との電話を受けた親族が容疑者宅を訪れ、3人の遺体を見つけた。

 県警によると、政子容疑者の夫の太喜雄さん(70)が2階寝室、義父の芳雄さん(93)と義母の志のぶさん(95)が1階寝室で倒れていた。太喜雄さんの遺体の近くには、凶器とみられるタオルが落ちていたという。政子容疑者は「3人を世話していた」「3人の首を絞めた」と話し、県警は太喜雄さん殺害容疑で逮捕。義父母殺害容疑でも立件する方針で、介護疲れが理由の一つとみている。

 一家は4人暮らし。地元住民ら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら