[PR]

 愛知県岡崎市日名本町のマンションで住人の河原薫さん(49)の遺体が見つかった殺人事件で、河原さんの首の近くに複数の傷があったことが捜査関係者への取材でわかった。愛知県警は、犯人に強い殺意があったとみて調べている。

 県警によると、河原さんは19日、自宅のリビングで大量の血を流し、うつぶせで倒れて死亡していた。遺体には切り傷や刺し傷が複数あった。自宅玄関は施錠されていたが、ベランダの窓ガラスの鍵付近が割られていた。

 捜査関係者によると、河原さんの首近くに深い傷があったほか、頭部に打撲痕、腕に浅い傷が複数あったという。

 また、家族の話などから、河原さんが普段マンションの駐車場に止めていた乗用車が無くなっていることが判明。県警は19日、現場から約6キロ離れた同市の岡崎中央総合公園の駐車場で車を発見しており、殺人事件との関連を調べている。