[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)の日本代表、稲垣啓太選手(29)が20日、出身地の新潟市で「市スポーツ大賞特別賞」を贈られた。W杯後初の帰郷でも、「笑わない男」の異名通り、クールな表情のままだった。

 午前9時すぎ、表彰式会場の同市秋葉区役所に稲垣選手が現れると、多くの市民らが歓声をあげて出迎えた。稲垣選手は人垣の中、握手をしながら会場に入り、中原八一市長から表彰状を授与された。副賞として、同区の農家が生産した米10俵も贈られた。

 写真撮影時にカメラを向けた市民から「笑って!」と声をかけられたが、軽く会釈し、表情は崩さないまま。あいさつに立ち、「久しぶりに帰って来ましたが……。すごい寒いですね」と切り出した後、W杯を振り返り、「(自国開催で)結果を残さなければ、日本のラグビーが衰退するのではないかというプレッシャーがあったが、声援の力が励みになった。新潟からも熱いメッセージが毎回届いていたので、感謝しています」と述べた。

 W杯日本代表のプロップとして…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら