[PR]

 米マイクロソフトの業務用ソフト「オフィス365」などで、20日午前10時ごろから、国内で障害が起きている。

 障害発生状況を伝えるサイトによれば、文書管理システムの「SharePoint」、チャットツールの「Teams」、音声通話の「Skype」、社内SNSの「Yammer」など、メールを除くほぼすべてのオンラインサービスに接続できない状態が続いている。原因については調査中としている。

 同社のサービスでは、19日午後にも外部からのメール受信が遅れるなどの障害があった。

 オフィス365はネット経由でチャットやメール、ファイル共有などの業務用ソフトが使えるサービス。