[PR]

 カレーチェーン「CoCo壱番屋」の創業者の宗次(むねつぐ)徳二さん(71)が台風19号で浸水被害を受けた帝京安積高校の吹奏楽部にクラリネット3本を贈った。20日、郡山市役所で贈呈式があった。24日のマーチングコンテスト全国大会では新しい楽器を使う予定で、クラリネットパートの武井美羽さん(2年)は「練習用より音色がよくて吹きやすい。大会できれいな音を響かせたい」と喜んでいる。

 宗次さんはクラシック音楽の普及にも尽力し、私財で名古屋市にホールを建設したり、愛知県内の小中高校の吹奏楽部などに楽器を寄贈したりする活動を続けている。今月上旬に帝京安積が練習用のクラリネットで全国大会に出場することを知り、演奏用の3本(120万円相当)を寄贈した。

 宗次さんは「被災してもくじけず、あきらめずに東北地区の代表としての誇りをもっていい演奏をしてほしい」と話した。(見崎浩一)