[PR]

 バイオリニストで、札幌交響楽団のコンサートマスターの大平まゆみさん(62)が20日札幌市内で会見し、全身の筋肉が徐々に衰えていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の可能性が高いと診断されたことを公表した。今月末で同楽団を退団するが、可能な限り演奏を続けていくという。

 大平さんは今年3月、歌っている際にいつもより声が低くなっていることで体の異変に気付いた。4月から内科、耳鼻科、脳外科などで検査を重ねたが、8月ごろからろれつが回らなくなることが続き、話をすることが難しくなった。詳しい検査の結果、今月15日にALSの可能性が極めて高いと告知を受けた。

 「ここで少し方向転換をする時期が来たのかもしれません。この病気に遭遇して、人生のまた違った意義を考えさせられています」

 20日の会見では、大平さんの思いを女性アシスタントが読み上げた。大平さんは時折目頭をハンカチで押さえながら、記者からの質問には筆談で答えた。

 自分にできる小さなことを確実…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら