[PR]

 ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡市駿河区)は22日、静岡市清水区草薙の有度丘陵で、ナウマンゾウの切歯(せっし)(キバ)の化石が見つかったと発表した。切歯はほぼ完全体で、担当者は「特徴の解明に向けて貴重な標本になる」と期待を寄せている。

 切歯は右上あごの1本で全長1・8メートル、長径12センチ、重さ30キロ。細くてねじれが弱いことから雌の成獣のものとみられるという。

 県内ではこれまで浜松市西区佐浜町、牧之原市、静岡市の3地域で化石が見つかっていたが、ほぼ完全体で見つかるのは初めて。約13万年前の地層とされる久能山層からの出土で、同年代の地層から化石が見つかったのは千葉県佐倉市以来、2例目だという。

 発見したのは、NPO法人「県…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら