ポルシェ初のEVは「異次元の加速」 前後にモーター

有料記事

森田岳穂
[PR]

 独ポルシェの日本法人は20日、同社で初の電気自動車(EV)「タイカン」を日本国内で初公開した。高性能モデル「タイカン ターボS」は、アクセルを最大限踏み込むと、発進から2.8秒で時速100キロメートルまで加速できるという。「タイカン 4S」の航続距離は最長463キロ。価格は来年以降に発表する予定。

 車体の形は同じポルシェの「パナメーラ」に似た4ドアのクーペ型で、前輪と後輪それぞれに駆動用のモーターを搭載した四輪駆動車。「ターボS」は761馬力。日本法人のプロダクトマネジャーのアレキサンダー・クワース氏は「パラシュートを開かずに落下するスカイダイバーより速い。異次元の体感だ」と話した。

 外観デザインは、ポルシェら…

この記事は有料記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント