[PR]

 お坊さんも「仕事ぶり」を評価される時代に? 葬儀や法要での僧侶の態度や法話などを顧客に採点してもらい、本人に自省を促す仕組みを大阪市の僧侶派遣会社が始めた。インターネットによる僧侶の派遣は、業者の増加で競争が激しくなっており、差別化を迫られているという。

 「清潔な身なり」9点、「親身な対応」9点、合計45点……。同市平野区にある光西寺の副住職、田中咀釈(そしゃく)さん(48)が最近派遣された葬儀で受けた評価だ。

 スマートフォンのアプリで本人が確認できる。「この道25年のプロだという自覚もあるが、点数をみて襟を正すこともある」と田中さん。葬儀で遺族への声かけを増やしたり、丁寧な法話を心がけたりするようになったという。

 この仕組みは同市の「ユニクエ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら