[PR]

 つきたての餅でこしあんを包み、上から玄米粉をかけた「珍重菴(ちんちょうあん)」の「熊野もうで餅」(税込みで5個入り650円、9個入り1千円)。ほどよい甘さと香ばしさが口の中に広がる。そしてとにかく柔らかい。

 「決して縦にしないでくださいね」。熊野本宮大社(田辺市本宮町)の参道そばの売店で、客に包みをそっと渡しながら、代表の鈴木将之さん(71)は必ず声をかけている。箱を傾けると餅が崩れてしまうからだ。

 本店を新宮市に置く店は1951年の創業。鈴木さんは高校卒業後、神奈川県で修業を積み、2代目として継いだ。

 もうで餅を作ったのは87年夏…

この記事は有料会員記事です。残り490文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース