[PR]

 首相が主催する「桜を見る会」の問題は、今月8日の参院予算委員会で田村智子氏(共産)が安倍晋三首相をただし、瞬く間に深刻化した。質問に至った経緯などを田村氏に聞いた。

 ――この問題を追及しようとしたきっかけは。

 「東京新聞が4月、桜を見る会の費用をめぐる問題を報じ、共産の宮本徹衆院議員が5月に衆院決算行政監視委員会で質問をしたのがきっかけです。そのころ、首相のお友達がたくさん呼ばれているとネットで話題になっていた。党機関紙『赤旗』の記者が取材をしたら、いや、とんでもないと。後援会旅行に利用されているという情報が次から次へと出てきたので、これはどこかで質問しなければと思っていました」

 「それで10月末の参院内閣委員会で(菅義偉官房長官に)質問しようと、質問通告もして構えていたところ、河井克行・前法相が辞任して委員会が取りやめになった。すぐに予算委が設定される運びになったので、安倍首相に質問しようとなりました」

 ――どんな準備をした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら