[PR]

 「桜を見る会」前日に例年開く夕食会をめぐり、首相は参院本会議の答弁で、主催者は「安倍晋三後援会」と認めた。野党側が法律違反の恐れがあると指摘する会を取り仕切っていた主体がはっきりしたことで、追及がさらに厳しくなる可能性がある。

 首相は「各種段取りは、私の事務所の職員がホテル側と相談を行っている」と説明。そのうえで、費用をホテル側に前払いしなかった▽会費5千円を事務所職員が受け取る際にはホテル職員が立ち会った▽集めた会費は全額、受け付け終了後にその場でホテル職員に渡した――と経費や会費のやりとりに言及した。

 結論として「安倍後援会としての収入、支出は一切ない」ことを強調。「政治資金収支報告書への記載は必要ない」と語った。

 朝日新聞の取材に応じた元検事の郷原信郎弁護士は後援会主催だったことを重視し、「今後、収支があったことが明らかになれば収支報告書への記載義務が生じ、政治資金規正法違反の疑いに直結する」と指摘する。

 参加者がホテル側に直接支払っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら