[PR]

 スーツ最大手の「洋服の青山」がこの秋、スーツなどの大幅な値下げに踏み切った。女性用スーツで5千円下げ、男性用の一部では3万円下げた商品もある。単なる値下げではなく、「割引ありき」のビジネスモデルからの転換を図るという。他のスーツ量販店でも同様の動きがある。背景に何があるのか。

 「青山」を展開する青山商事は消費税が8%から10%に増税された10月1日、全国約800店で一斉に値下げを実施した。

クーポンや下取りで大幅値引き

 対象はスーツやコート、礼服、靴やカバンなどで、ハンカチや靴下といった小物などを除くと取扱商品の約8割にのぼる。男性用スーツは4万9千円から2万9千円に、女性用は2万8千円から2万3千円に値下げした。

 「これまで高く売っていたわけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら