[PR]

 JR西日本米子支社は20日、関西と山陰・山陽方面を結ぶ新しい長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」が、来年5月8日から9月まで、京都・大阪と島根県の出雲市間を運行すると発表した。夜行特急列車として、週末と平日の週2往復程度走る予定だ。

 銀河は、多様な旅のスタイルに対応できるよう、複数の種類の座席を設置している。6両編成で夜行特急は定員が約90人。普通車指定席には女性席やノビノビ座席、個室のような空間のコンパートメントがある。グリーン車にも個室を設けている。4号車は全体がフリースペースで、3号車と6号車の一部にもある。

 気軽に旅を楽しめるよう、価格も京都―出雲市の普通車指定席が、特急料金を含めて大人1万640円などとなっている。

 下りは京都を午後9時ごろ出発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら