[PR]

 合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された俳優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区=が、警視庁の調べに「気持ちのどこかで私のところには警察は来ないだろうと思っていた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。一方、尿鑑定の結果、違法薬物の成分は検出されなかったことも判明した。

 捜査関係者によると、これまでの調べに沢尻容疑者は、MDMAやコカイン、合成麻薬LSD、大麻の使用も認め、「10年以上前に始めた」と説明。「有名人が薬物事件で逮捕されるたび、私も危ないんじゃないかなと注意していた」とも話しているという。

 警視庁は16日に東京・渋谷のクラブから帰宅した沢尻容疑者を職務質問し、自宅の捜索でアクセサリーケースの中敷きの下からMDMAを発見。任意で採尿をし、違法薬物の成分がないか鑑定を進めていた。引き続き使用の有無を慎重に調べる。